スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

同行避難を考える ①

私は、キチンと理論だてた文章を書くのも苦手ですし、

そもそも、長文が書けず、行間の空白で本意を読み取って欲しいと、

思うタイプなんで、上手く伝わるかどうか???



今年に入ってからも、何度となく、大きな地震が、各地で起こっています。

私の住む、関東も、いつ大地震に見舞われるか判らないと言われています。

非常袋や、防災グッズなど、よく言われている事は、ある程度は、考え準備しています。

先日2/6に南太平洋のソロモン諸島沖で起きた地震の緊急情報を見ながら考えた。。。


もし、地震の際、運よく命が助かったとして、

家のにゃんずを連れて、避難所に避難できるのだろうか???

ゲージの数や、重さ、避難経路の事ではなく、

避難所に動物を同行して、避難できるのか?????


   守る1


その不安から、ネットで調べていて、このサイトに出会いました。

『被災動物とペット防災を考える実行委員会』

実際、3.11の震災時の事は、その被害の大きさや、

その後の取り残された動物達の事は、見聞きして解っていたつもりだったけど、

同行避難を選択した方、受け入れ先の事は、知らなかった!


丁度、上記のサイトで紹介されている写真展に行って見ました。

   守る0
   @写真展:3.11動物たちの大震災
    日 時:2月1日~2月27日の1ケ月間
    場 所:共同通信社本社ビル(汐留メディアタワー)3F「ギャラリーウォーク」
    http://www.kyodo.co.jp/corp/about/
    東京都港区東新橋1丁目7−1


そして、講演会にも、足を運んできました。


講演会:被災動物とペット防災を考える 
日 時:平成25年2月10日(日)14時~17時30分
場 所:表参道・新潟館ネスパス3F(席数60席)
    東京都渋谷区神宮前4-11-7
   

3.11の震災後、素早い対応で、被災地、原発による強制避難区域からの人々を

ペット同行で受け入れ、素晴らしい対応で犬猫被災者に尽力できたのが、新潟県です。

新潟県は、過去に、中越地震、中越沖地震を経験し、

過去の教訓から、

非常時は、動物達にとっても非常時。
ペットの保護は、非難している人々の心も救う!


として、官・民(ボランティア団体)・獣医師会・メーカーなどが、

一致団結できる体勢を作ってきたのです。


   守る2


環境省が災害時の動物管理のあり方をこのように示しています。(参考


 自治体等が災害時に行うべき動物愛護に関する措置については、自治体の裁量によって

地域の実情に応じ、また、ペット等それぞれの飼養動物の特性に応じて、

動物愛護推進計画や地域防災計画上での動物救護や迷子動物対策等を推進するための根拠として

動物愛護管理法に基本的な事項を規定すべきである。




そして、各自治体の防災計画等における動物の愛護管理の記載状況は、

コレを見ただけでも、新潟県、新潟市が、如何に

動物と共に避難する同行避難を当然の事として受け止め、取り組んでいるのかが解ります。



どうぞ、皆様、避難するような事態になった場合、

家族である動物達と共に、その手を離さずに避難できるか??


一度、お住まいの市町村自治体に、

どのような方針なのかをお尋ねになってみてください。


   守る3

小さな家族を守るのは、共に暮す人間の役割ですから。



長くなったので、明日は、同行避難するのに、必要な事を、書きたいと思います。


只今、目指せ10万羽に、協力しています。過去記事参照



~~ 着々と、お届け頂いています! ~~


   宅配折り鶴1

今までは、「無事に受け取り、お預かりしました!」

の、メッセージとして、各折り鶴を撮影してUPしていたのですが・・・

我が家にも、血気盛ん??な、ヤンチャ坊主や、お嬢さんがいますのでw

お預かりしている鶴に万が一の事があっては、申し訳ないので、

個別の撮影は、控えさせて頂きました^^;


   宅配折り鶴2


昨日は、ゆうパックの配達の方に、

「今日は、5個めですね(笑)」と、言われてしまったわww

いつもは、ピンポーン♪のチャイムでコソコソ逃げる、ビビリん坊主のといぼんが、

「また~~??」って逃げずに寝てる位、皆様の気持ちが届きましたよwww



今日は、コメ欄は、開けてますが、バタバタ中なんで、お伺いできても、コメントは残せないと思うので、
どうぞ、華麗にスルーして下さいね^^;

応援よろしく1日1回愛のポチッ1日1回ありがとう

「東北関東大震災」支援クリック募金
関連記事

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

2013-02-14 : チョットは役に立つ事 : コメント : 38 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
ウチの区は避難所にペットおkなのよ~♪
ペット用の備蓄品も揃えているはず。
獣医師会とも災害時の動物救護の協定結んでてね、
いざという時に災害からペットを守るためにってチラシまであるよ。
お家の子だけじゃなくてお外の子の手術にも補助出してくれるし、割と考えられているみたい。
区長選があった時、迷わず現職の人に投票したね(´∇`)

とはいえまずは、行きのびるための家具の固定・・・こないだやっと冷蔵庫が終わった(゜Д゜)
2013-02-14 11:40 : リヴ URL : 編集
No title
何時起こるか分からない地震、私は独り暮らしで5にゃん居ます
キャリーは2つしかありません・・・・

私は阪神大震災にあいました
その頃は未だ先住猫が一匹、マンションでは無くて小さな家の
お風呂の窓から出入りしてる子でした
震災の時、風呂の窓から外に出て3日目に帰宅しました
首輪が道に落ちていたのでもう生きてないのではと不安でした
・・・
伊丹ははマダマダ大したことが無くて、これが淡路や神戸だったらと・・・・辛かったです
何時も何かを考えなくてはと思いつつ喉元過ぎれば熱さ忘れるです・・・

凄い、量の小包にビックリ!私の箱は何処だろうなんてつい見てしまいました
ご面倒をお掛けしまして申し訳ありません
どうかどうか、皆さんの願いが届きますように~
2013-02-14 11:59 : クニ URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-14 12:28 : : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-14 12:53 : : 編集
No title
こんにちは〜(^_^)

私も避難しないといけないくらいの大地震がおきたとき
4にゃんを連れて避難できるかどうか考えたことがあります。
私の住む地域は団地が多いので、団地自体動物飼育禁止だから、団地住まいじゃなくても避難所にペット同行ってことが困難でして...

今回のほんなサンの記事、参考にさせていただきます!
2013-02-14 13:54 : mammy URL : 編集
No title
本当に地震多いよね。
うちの所は小さいのも入れると毎日あるよ。
その度に練習するんだけど・・・
上手くいかないにゃ・・・

笑顔便にコメントありがとうね~~!!
Takoponさんの鶴、すごい数届いてるね~~~(◎-◎;)!!
これ繋ぐの~~~!

うん、これがおわってからで大丈夫だよ。
よろしくお願いしますね~♪
白鳥、覚えてるわ~~~( ´艸`)ムププ
ほんなさん、いい物いっぱい持っていそうだわ~~~☆
2013-02-14 14:56 : komomo姉 URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-14 15:02 : : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-14 15:15 : : 編集
No title
やはり、あの地震以来、考えてしまいますねぇ。

不安なことって、なんとなく避けて通りたいというか
現実を直視するのがこわくて、逃げてしまったり・・・
でも、その時になって「なんとかなるさ」じゃ通用しないってのは、
もうわかってるはずなので、真剣に考えて備えないと、って思います。
動物たち自身はどうにもできないことですからね。
ちゃんと人間が責任もってやらないと。
2013-02-14 15:32 : バボ URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-14 16:18 : : 編集
No title
新潟は震災後こういう風に力を入れてるというのは
知っていました
が、ちゃんとは見てなかった~
で、神奈川県のところを見たら・・・
行数の少なさにびっくり
対策なんてなんにもしてない?ような・・・・(言葉だけだで)
猫は避難所に一緒にというのは
震災の時も相当難しかったようですよね
うちは2匹を私1人でも一緒に避難できるように
キャリーカートを買いましたが
さて・・・避難先ってなさそうで

荷物の量半端ないですね
1日5回もゆうパックって
まとめるのも大変そうです
2013-02-14 16:31 : もちゅみ URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-14 16:49 : : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-14 17:00 : : 編集
こんにちは。
チョミさんは神戸の震災の時は僕達と暮らして無かったから
良かったけど、もしあれと同じのに遭ったら凄く考えるって
いつも言うよ。

先ずね僕達全員を捕獲出来るかって言うのが一番。
もし家にいない時だったらとかいてもみんなばらばらでいるし
驚いて隠れるからね。
それを考えるともう頭では考えられないって。

鶴が沢山沢山届いてるね。
みんなの気持ちが本当に伝わるよ。
僕も毎日祈ってるよ。
2013-02-14 17:20 : クリちゃんです URL : 編集
No title
大分は動物愛護については遅れています!
我が家は残念ながら、大地震で津波が来れば海抜7mのところ。
3.11を考えれば津波にやられる地域です。
なので、高台の元同僚の家にご厄介になる話はついてるものの、はたして・・・
3ニャンズを連れてそこまで避難できるのか?
私が仕事に行ってる時だったら?

問題は山積みです。

2013-02-14 17:21 : にゃんたま URL : 編集
No title
あの地震の後、ペットと一緒の避難の事考えました。
東京都でも区で対応が違うよね。
http://www.dogside.org/html/bousai_2.html
ドン子を置いての避難は出来ないから、野宿しようかとか
車の中で生活しようかとか下僕2と話したことがあります。
折り鶴、仕分けして夕霧さんに発送するだけでも大変そうね。
みんなの願いが届きますように(*´ω`*)
2013-02-14 17:29 : ドンタコス下僕 URL : 編集
No title
なるほど・・。
うちの地域もどうなってるか問い合わせてみよう。
なんとなく、先入観で、どうせペットと一緒には避難できないんだろうって考えていたから、もしも万が一のことがあって、一緒に逃げられないなら、一緒に死んだ方がマシって思い込んでました。

でも実際、この前の少し大きめの地震があったとき、猫たちをキャリーに入れようとしたけど、4匹もいると、とーーっても難しくて、しかもわたしも何したらいいかオロオロしちゃって、てんでダメでしたよ;
たまに避難訓練とかしようかしら・・。
2013-02-14 17:30 : mome URL : 編集
No title
新潟の対応は
かなり取り上げられていましたよね。
中越地震の時
ペットと一緒に非難できないからと
車での非難を続け
エコノミークラス症候群になった方が
かなりいたそうです。

今の時代、ペットと暮らしている家庭は
かなりの数だとおもいます。
動物好きの人も苦手な人も
少しでも安心して避難生活ができるよう・・・
これはとっても大事なことなんじゃないかと思います。
2013-02-14 17:41 : あんずミャミャ URL : 編集
No title
各自治体の防災計画等における動物の愛護管理の記載状況…ってのを見てみましたが、
ああ、予想通り、私の出身地は”記載なし”でした…。
全部の県ではないけど、九州は地震があんまり起きないから、
こういうことに関しての危機管理がいまいちだと今改めて思いました。

鶴、こんなにたくさん!
皆さんの想いが届きますように!
2013-02-14 18:00 : alpenkatze URL : 編集
No title
おこんばんは♪
近所で 屋根が落ちる火事がありまして 
避難がいるかもと ネコさん道具 つめたら
それだけで キャリー(外国旅行用)がいっぱい
ねこ3匹と どうやって逃げるの?って思った事があります。
我が自治体の案内では ペット用キャリーには 名札を
つけておきましょとありましたよ(ちゃんと案内があって 受け入れて頂けるような気持ちがして嬉しかったです)
<折りツル業務連絡>
連絡おくれましたが 当方 夕霧さんへ 送りますね〜
このさい 千羽折ってみたいと思います。

2013-02-14 18:19 : N,yasu URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-14 18:42 : : 編集
No title
やっと風邪も峠を越えたみたいです
ありがとうございました
鶴も数は少なかったですが今日送らせていただきました
お手数ですが、よろしくお願いいたします
いっぱい集まって ほんなさんの仁徳ですね(*^_^*)
2013-02-14 19:10 : アンの養母 養父 URL : 編集
No title
いやいや、地震に限らず火事、水害等々。
全てにおいて考慮せねばなりません。
が!!
です。
一度訓練をやってみてやっぱとっさに全員抱えてケージに入れてはみましたが一人でやるとどんなに急いでも10分はかかりますな。
実際に災害が来たらどーなるんでしょう。
訓練通りに動けるのか...。
う~む...。
避難所よりもうちの畑にテント張るぅ!!
あ、でも水害になったらアウチかぁ≧▽≦。
2013-02-14 20:20 : 侍従長 URL : 編集
No title
うちは母と相談して、万が一の時にみんなが無事であれば
避難所に行かずに自宅で過ごすと決めています。
幸い高台の一軒家だし、倉庫(物入れ)もあるから、ビビリの猫を
連れての避難所生活よりは不便を選ぼうと。。
心配はぷくの会社が遠いことだなぁ。

鶴、本日発送しました。どうぞよろしくお願いします。
すごい数だなぁ。お手伝いできなくてごめんね。
2013-02-14 20:36 : ぷく姐 URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-14 20:47 : : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-14 21:03 : : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-14 21:07 : : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-14 21:44 : : 編集
No title
避難しなきゃいけないような状況にならないのが1番だけど
自然が相手じゃいつ何が起こるかわからないですよね。
考えなくちゃいけないんだよなぁ。
ただ、置いていくってことだけは絶対出来ない!って思ってるけど
じゃあ具体的にどうするかってなるとなかなか…
いざという時に、どうしようどうしよう!とならないように
やっぱりある程度のことはちゃんと考えておかないとダメですね。
2013-02-14 21:49 : ゆったん URL : 編集
No title
猫の避難グッズ等は用意しましたが
有事の避難方法なんかは全く調べていませんでした
自治体によって違いが大きくあるでしょうし
一度確認することは大事な事ですね
非常食の賞味期限も確認しなきゃなぁ・・・

沢山沢山(*_*) 
ほんなさん取りまとめ本当に大変だと思います
お身体壊さないでね(汗)
2013-02-14 21:53 : ぽち URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-14 23:30 : : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-14 23:45 : : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-14 23:57 : : 編集
No title
うちは高台のマンションなので水害もないし、
地震で倒壊する確率はたぶん今のところ低い…
したがって避難するよりはうちの中でいかにろう城するか、
ということを考えて今まで備えをしてきたつもりですが
もしかしたら火事って場合もあるんですよね。
持ち運びできるサークル(ふた付き)やトイレもあるけど
3頭を連れてさらにそれらの猫の道具を持ち出せるのか自信ないわー。
いざというときは丸腰でって考えると自治体のサポート環境を
把握しておかなければですね。

鶴…がんばって仕分けするぞー!
2013-02-15 02:36 : 梅蔵母 URL : 編集
始めまして
こちらは原発10キロ圏内(8キロ)
「各自自家用で責任持って避難してください」
津波などでも市役所・県庁浸水してしまい機能不能(10キロぎりぎり)
車の無い人どうなるのか・・・
まだ模索中
家が点在していて、市自体がどうなるのか
猫六匹に22キロの犬津波は裏山でも良いのですが、原発は???
2013-02-15 05:52 : 茶チャママ URL : 編集
No title
きのうは訪問をしないで失礼しました><
そして、鶴のこともスミマセン;;
2013-02-15 06:58 : キッツCat URL : 編集
No title
アタシの場合はたぶん避難所には入れないから・・・
車が残ってるような状況ならいいんだけど・・・難しいよね・・・一応ヴィータくんにはアタシのごはん2月分と猫砂1袋爪とぎはしまってあるよ。

鶴さんたちすごいのにゃあ!@@!
ほんなあほなおねえちゃん、がんばっちゃうにゃあ!
2013-02-15 09:55 : Gavi URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-16 00:17 : : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

電力使用状況&電気予報

Profile

はなプロフ  

はな 1993.5.3 生まれ
天然で永遠のお嬢様
2011.4.11☆に・・・

 

こたろー 1994.3.22 生まれ
ちょいぽちゃの甘えん坊 はなの娘   2009.9.14☆に・・・

よんプロフ  

よんきち 2006.4.17
 友人が保護した外猫から生まれる。
 マイペースでチョッピリハードな女の子
   おっちゃん大好き!

untitled-のコピー

十一(といち)2009.8.22
運動神経抜群のヤッハーな元気男子
 「犬猫救済の輪さん」より保健所から救出。
 里親会~我が家へ

三助プロフ

三助(さんすけ)2010.7.8
2011.6.20 福島県浪江町の強制避難区域にて
「ねこひと会さん」にて、保護
同、7.21より、我が家にて一時預かり、飼い主の名乗りを待つ
2012.7.21、正式譲渡され家族の一員に。
のんびり癒し系脱力男子

百億プロフィール

ゴンザレス・百億2007.2.14
2011.8.31 NDG福島シェルターにて保護
ティム(仮)という名前で過ごす。
2012.2.28我が家の家族に。味わい深い男子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Writer:ほんなあほな
正真正銘機械、PCオンチのおばさん
(大阪出身。東京在住中)

Person:おっちゃん(オット)
時々登場。やたら猫にモテル、猫マスター男!

Calendar

ねこ缶風爪とぎ

当ブログでお馴染みの、おっちゃんが作った!!
飛び出すねこ缶 CA8AL9UF.jpg banner_nekocare01.gif 飛び出すねこ缶

Tean Nyoron

Nyoron001よんきち

Nyoron002といち

Museum


syashin

Membership

オトメン倶楽部の会員証

はな肉球

よん肉球

とい肉球

Links

Link Freeです。
From H
  • 食いしん坊バンザイ♪6~うさニャンBLOG~
  • なんでんかんでんー猫が好き
  • 「糸」
  • ゆきとプー
  • うちの宝石猫
  • うちの噛み王子さま
  • 子猫のなっちゃん日誌
  • ちゃとらぼうやのおうち
  • すなおな日々
  • はな屋敷
  • にゃんズとの健康LIFE
  • ☆にゃんとも気ままな猫日記☆
  • ぼくらはみんないきている
  • ジョルジュのお部屋
  • ☆トマちゃんのおうち☆
  • かおりんのお部屋
  • みぃ徒然日記
  • ニャコクロ
  • 3年ごとの11月に・・・
  • マンジャーレ・カンターレ・アモーレ
  • タムすけのおケツ
  • またさん 
  • ネコパンチ&キック
  • 梅蔵猫日記
  • ハナとまいにち
  • 社員のつぶやきと…猫の専務
  • ミミココシャッフル
  • マルコのブログ
  • もふもひにゃんこ
  • 福だまり。
  • ロシアンブルーのレイ吉
  • 蒼い蒼い風に吹かれて。。。気ままな時間
  • ★七夕の夜に★
  • はる母さんとむぎ坊+α
  • 猫のいる生活 《ニャムブロ。》
  • おいらの名は”太っちょ”あたいの名は”みー”そして、あたちは'白美ちゃん'!
  • ぶっこ
  • あーちゃん家(ち)の賑やかな日々
  • 猫とデザイン道
  • わが社の福澤さん
  • 猫のとなり
  • はなちんと松ぼっくり
  • 僕クリちゃん
  • おまめさん。
  • もちつき録
  • 楽しくいこう!
  • シロヲ日記
  • 老ネコ十兵衛
  • おうちニャンコと坪庭日記
  • ミスター福助 うちのお猫様
  • とらちゃんのバニラビーンズ
  • studio kowada R
  • 叫んでみたいのおぉぉぉ!
  • にゃろめっ☆
  • 鯖柄ミイナ
  • にゃんとの生活
  • BULANな暮らし
  • 猫ログ - 陸花の歌
  • 茶店黒猫商い中
  • バッタ・ファミリー
  • 三毛猫サクラと兄妹達
  • まめつぶあんず~
  • ちわりくんのありふれた毎日
  • こて家!!!
  • 美味しいものが食べたい in USA
  • ジュラ記
  • 百福ざんまい
  • アナベラと小梅の日常
  • ちょ☆ポ缶
  • 猫のいる暮らし
  • ニセアメショの冒険
  • でる太基地
  • あんずニャよ!
  • テンテンとジャン、そして愉快な仲間たち
  • ねこがきた!
  • 黒猫のリリック
  • * はっぴぃさんふらわぁ *
  • なんとなくのんびりと♪
  • りんごの木
  • ボク くるみ之介
  • 猫のいる暮らし。
  • あまえんぼ ましゃ!
  • 日々ぶたもち。
  • モフモフネコ
  • Majestic CATS
  • にゃんちゅちゅちゅ
  • めいとらん
  • わんにゃーず☆クローゼット
  • なのねこ夢気分
  • Dirty Kellie Crazy Bucky
  • まったりネコろぐ
  • うちのにゃんこは、ママふたり。
  • 刺繍 de ねこ
  • Underbara Katter in Europa ~大・ねこのきもち~
  • ねこぼんのう ねこのめんまは猫じゃない
  • KOMOMO すろーらいふ
  • ラグドール 桃子とまいにち
  • タイ猫とお昼寝
  • 太郎ちゃん日記
  • 猫ができてる!
  • まいどさん
  • 春と秋のねこぶー
  • 虹色フォト
  • わんにゃんまったり日記
  • おばん道
  • カクタス88便 
  • 八朔まみれ
  • ねこ時間
  • いつも一緒。
  • にゃんころ爆走愚連隊
  • ちゃい日記 ~猫のブログ~
  • 猫と映画とドラゴンカフェ
  • ポメラニアン☆ポン王子と仲間たち
  • 管理画面
  • このブログをリンクに追加する

    ありがとうございます

    Foster parent

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Search engine

    QR code

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。